全国でできる健診の代行サービスの紹介を致します。健診代行サービスとは事業主・健保組合・共済組合向けに健診の予約から精算や健診の結果の回収まで、健診に関わる手続きを一括代行するだけでなく、健診の結果を分析し、データ化することで、健康増進に役立てていけるようにサポートするサービスです。全国での事業所や自宅などの近隣で受診することができます。ネットワーク健診サービスとも呼ばれ、人間ドック代行まで請け負うサービスもあり、個人が医療機関との手配に煩わされることなく、健康管理を行うことができます。巡回型健診というサービスもあり、これは指定した日時に会場に健診スタッフや健診車等を派遣し健康診断を行うものです。こうしたサービスを利用することで社員一人ひとりの健康への意識向上につながります。

全国でできる健診の代行サービスの申し込み方法や流れについて紹介します

全国でできる健診の代行サービスの申し込み方法はサービスを行う会社ごとに多様ですが、基本としてはネット予約で申込みを行うのが便利な方法です。または電話による予約も受け付けています。健診代行サービスを行う会社は依頼された会社の予算や要望に沿った形で最適な内容を提案してきます。依頼会社から提供された受診者のデータをもとに医療機関に受診枠の調整を行い、受信結果と請求書を依頼者に納品します。未受診者への再手配などサポート体制も整っています。健診代行サービス会社に依頼するときはサービス業務内容や業務管理費用などを比較したうえで依頼する会社の業務効率に役立つことが大切です。定期的な健康診断だけでなく、その後の社員個々の健康増進に対しての提案をしてくれるので結果的に企業の利益につなげることができます。

健診を代行サービスで受ける方法

健診を代行サービスで受ける方法として一般的なものはインターネットで代行サービス業者を探すことでしょう。インターネットで検索すると健診代行サービスを行う会社は多く見つかります。その中でも会社の健診担当者は自社にとってより最適な代行サービス業者を探す必要があります。社員の健康管理のための役割を委託するわけですからきちんとしたサポート体制が整っているかどうかきちんと確認する必要があります。健診代行サービスの会社はそれぞれ提供サービスに違いがあり料金も異なっています。それぞれ特徴がありますので、より良い代行業者を選択しましょう。従業員の健康管理は会社にとってより重要な責務となっています。健康管理を怠ると会社全体の不利益に繋がりかねません。実際に健診を外部に委託すると決めたら何社か絞り込み見積もりをとってみることをおすすめします。