今全国へと広がっている健診の代行サービスですが、そもそも健診とは健康診断の略で、文字通り職場などで年に一度受ける診断の事です。健診業務というのはそのスケジュールの調整など大変な事が多いので、これら全てを請け負ってくれる代行業者がいるとスケジュール調整はもちろん、健診予約の手配や健診結果の管理まで、以前であれば職場の担当者が紙媒体などで管理していた物もデータ化しまとめてくれるのです。担当者は本来の業務に従事する事ができるだけでなく、健診結果を個人ごとに管理し把握する手間も省けまた紛失し再度発行するなどの可能性もなくなります。更に言うと健診を受ける対象者の居住場所に機関が存在しないなどの問題点もあります。これについても健診の代行サービスを利用する事で健診を受ける機会が増え、症状を見逃してしまう事もなくなるのです。

健診の代行サービスでできる事について

具体的に健診の代行サービスでどの様な事が行えるのかについてですが、第一に地方など健診を行う機関自体の存在しない地域でも全国に健診機関を提携してくれるサービスがあり、これによって健診が受けられない対象者を無くすことができるのです。そこから健診を受けるべき対象者へ健診の案内を送り予約の手配をし、受診日以降に未受診である対象者がいれば再度健診案内をする督促業務までを請け負ってくれます。その後も健診結果について経年での管理が可能な為、以前よりも分かりやすく数値化したデータを基に健康管理ができるというわけです。もちろん個人情報はしっかりと保護してくれるので、その点も安心して任せる事ができます。対象者が例えば転勤などで他の地域へと異動した場合なども、登録した情報を全国提携先で共有できるのも利点といえます。

健診の代行サービスを利用する前に見学もできる

そうは言っても新しいサービスを導入するにはリスクが付き物、そう考える方も少なくありません。そこで健診の代行サービスを利用する前にどういったサービス内容なのかなどを聞く事ができます。福利厚生の担当者が内容を把握し十分に理解してから利用開始でき、先程の個人情報保護の点についても定期的に見学会などを行っているので安心です。また健診結果が機関により異なる場合があり、ある機関では異常なしであった対象者が他の機関では有所見であるなどの異なる結果が出てしまう事がありますが、こういった事も健診の代行サービスを利用すれば結果データを一本化する事ができるのでなくなります。健康管理は大切、その為の健康診断ももちろん大切である事は誰もが認識しているので、こういったサービスがあれば効率よく管理できるのはとても便利です。