企業リスクを低下させるためにも、従業員に定期的に健診を受けてもらうことは極めて重要です。近年、重労働などで過労死に至る問題がメディアでよく報道されるようになり働き方について改革を求められるようになりました。一方で、全国規模の会社になってくると、従業員の健康診断の案内や管理が難しく、それに伴って人件費もかかってしまうため、本来の業務につけない人も出てきてしまうといった課題がありました。そこで、最近では、健診に関わる業務を一括で代行してくれるサービスが増えてきています。医療機関の紹介からデータ管理、健診後のフォローまで手厚く受けることができるので、企業側の負担も軽減することができます。そんな健診の代行について具体的なサービス内容や申し込み方法について紹介します。

健診の代行サービスを利用する魅力とは

健診の代行サービスを利用することによって受診者となる従業員は簡単に申し込みの手続きをすることができます。就業時間内に職場で申請するといった限定的なものではなく、休日や就業時間外でもインターネットを使って好きな時間に予約を取ることができます。また、電話やFAXを使って予約受付ができるサービスを提供しているところも多いのでとても便利です。企業側としても、予約の受付から変更やキャンセルといった業務負担もなく、健康診断の受診率を上げることにつなげることができます。医療機関も全国規模で提携しているので、自分に合った医療機関や健診コースを提案してもらえることが可能です。また、申し込んだ後の予約状況の確認も簡単にできますし、健診後のアフターフォローも手厚く安心してサービスを受けることができるので魅力的です。

健診の代行サービスを導入するにあたっての流れ

企業が健診の代行サービスを利用したいとなれば、どのように申し込めば良いのでしょうか。まず、企業と代行サービスとの間で打合せを行います。実施期間や受診の項目はどうするのか、それから受診が可能な医療機関との調整、料金の決定といった流れで進んでいきます。そして、健診の代行サービスを実際に申し込むと、健診対象者への案内から受診者の予約状況の管理、未受診者がいた場合は受診の催促など、きめ細かな調整をしてもらえます。また、二次健診が必要な場合も合わせて案内、管理をしてもらうことができます。予約システムも提供してもらえますし、全国の医療機関で受診された様々な健診結果を一括で管理することが可能です。最近では、うつ病対策やストレスチェックといった精神面でのサポートも充実しています。